トップ

お問い合わせ | English

貴重資料展示室

測量と天文(1998年5月6日〜1998年10月24日)

江戸後期につくられた伊能忠敬の日本地図は、世界的に高い評価を得ている。この「伊能図」は測量および天文観測をおこない完成された。それ以前の測量術は主に、中国伝来の方法で、築城の際などに遠近高低を測るのに使われた。これを町見術と呼んでいる。測量術は各藩の事業として必要な学問であった。その後、渡来したポルトガル人から入ってきた西洋の測量術も使われるようになり、南蛮流のコンパスと定規を使って遠近高低を測る方法を規矩術と呼んだ。

松宮俊仍(まつみやとしつぐ)(1686-1780)は兵学者だが、規矩術を研究し、測地航海の事を述べた「分度余術」(享保13年-1728)を著した。この著作で、遠城測量等の測量法の後ろに、日「き」 測法(にっきそくほう−太陽の影を測る方法)、星度測法という項目と共に北極星図が描かれている。

また、伊能忠敬と同時代、今の富山地方で、和算家で測量術を研究し、天文暦術を学んだ石黒信由(いしぐろのぶよし)(1760-1836)によって表わされた「渡海標的」天保4年(1833)では、船の上から北極星を測る方法と図が示されている。信由は北陸地方の伊能の測量にも同道している。

(長久保)赤水の「日本輿地・H程全図」や、伊能図の完成の背景にはこのような測量術の歴史や、地方の測量家の存在があったのである。

「分度余術」 写本3巻6冊 享保13年自序 松宮俊仍著

分度余術・表紙 分度余術・本文

「渡海標的」 地球略図添之 刊本1冊 天保4年自序 石黒信由

渡海標的・表紙 渡海標的・本文

ページの先頭へ