トップ

お問い合わせ | English

貴重資料展示室

明治以降昭和初期公文書(2015年4月1日〜2016年3月31日)

国立天文台の前身である東京天文台は、海軍水路部観象台、内務省地理局観測課、帝国大学理科大学天象台の統合により、帝国大学理科大学付属東京天文台として明治二十一年(1888)に発足した。その年から約50年間の公文書が、一部は震災や火災で失われたものの、今も国立天文台に残されている。これらは東京天文台の歴史を知るうえでの重要な資料であることはもちろん、明治以降の日本の天文学史にも寄与するものである。

東京帝國大学理科大学東京天文臺本館新築圖

「東京帝國大学理科大学東京天文臺本館新築圖「自大正三年度至大正九年度東京天文台改築図」 1冊(番号:mitaka001、マイクロなし)

・画像利用をご希望の場合は「画像のご利用・著作権について」をご覧ください。

東京天文臺規則と歴史「明治二十三年事務簿」明治二十三年(1890) 1冊(番号:K0004、マイクロなし、施設課資料)

東京天文臺規則と歴史 東京天文臺規則と歴史

前半は東京天文台の為すべきこととして星学研究、編暦業務、学生の育成、陸軍の正午号砲のための時刻を連絡すること、逓信省東京電信局への標準時の正午を知らせる電報等と述べている。後半は、星学の重要性、天文方からの歴史を綴り、他国や江戸時代の天文方の規模と当時の星学科の規模を比較したうえで、東京天文台には台長一人、観測者二人、編暦者四人、書記一人しかいないと記し、星学科の規模の拡大を求めている。欄外には朱書きで「二十四年十一月理科大学ヘ呈出シタル同年致沙汰ニ付テノ説明之事」とある。

「東京大學百年史 : 部局史三 :東京天文台」29頁には「明治二十二年(一八八九)二月、寺尾台長は、理科大学学長菊池大麓に(中略)天文台拡充の必要を説き、予算の増額を要望している。(中略)そしてこの上申を具体化して作られた明治二十四年度の予算要求書……」とある。これは明治二十二年の上申書を、明治二十四年度予算要求の際に説明書として提出したものの控えであると思われる。

明治三十四年本暦原稿調製ノ件「自明治三十三年四月至庶務書類」明治三十三年(1900) 1冊(番号:K0017、マイクロNo.71)

明治三十四年本暦原稿調製ノ件

前頁にある通り、編暦は東京天文台の主要な事業の一つであった。そのため、公文書には暦関連のものも多く残されている。

上の図は、明治三十三年(1900)に記された翌年の暦の原稿に関する伊勢神宮の神宮司庁とのやり取りを総長へ報告する文章の案である。明治十五年から本暦・頒暦の頒布は伊勢神宮の神宮司庁で取り扱うこととなり、自由化されたのは昭和二十一年(1946)である。

経緯は、暦計算室がWebに設けている「暦wiki」掲載されている「歴史/明治以降の頒暦」を参照。

「緯度変化観測木村榮嘱託ニ付照会」明治二十七年(1894) 1枚(番号:K0014、マイクロなし)

緯度変化観測木村榮嘱託ニ付照会

公文書の中で、年代不順で二つの袋にまとめられているもののうちの、一枚である。

緯度変化の観測のため大学院学生である木村榮を嘱託するとある。

木村榮は明治二十八年(1895)から明治三十年(1897)まで東京天文台で緯度観測を行った。明治三十二年(1899)に万国測地学協会の要請による国際共同事業として水沢に緯度観測所が設立されるとその臨時所長となり、緯度変化の新たな成分であるZ項を発見し、1902年に論文として発表した。6ヵ所あった観測所のうち水沢緯度観測所の観測値は当初は精度が低いと評されていたが、Z項を当てはめるとむしろ最も精度が高いことが証明された。Z項の発見は、日本人による天文学への初の大きな貢献でもあった。木村は昭和十二年(1937)には第一回文化勲章を受章している。

木村榮記念館

石川県師範学校生徒参観ノ件「明治二十三年事務簿」明治二十三年(1890) 1冊(番号:K0009、マイクロ105)

石川県師範学校生徒参観ノ件

天文台見学依頼はがき「大正十一年度庶務書類」大正十一年(1922) 1冊(番号:K0051、マイクロ105)

天文台見学依頼はがき

国立天文台では一般公開を行っており、三鷹キャンパスの年間の来台者は1万8千人を超える。東京天文台時代には一般公開は行われていなかったものの、団体見学の希望があれば応じていたようで、参観に関する公文書も多数残されている。

上の図は石川県師範学校生徒の参観について校長から台長に宛てられた書類。余談ではあるが、男子生徒25名に付き添いの職員7名と、生徒一人頭に対して職員数が多い。

下の図は三重県師範学校からの葉書で、修学旅行の一環としての見学依頼である。

東京帝國大学理科大学東京天文臺本館新築圖「自大正三年度至大正九年度東京天文台改築図」 1冊 (番号:K0004、マイクロなし、施設課資料)

東京帝國大学理科大学東京天文臺本館新築圖

当初東京天文台は麻布に設けられたが、施設が増えるにつれ用地が狭隘化し、また周辺の市街化がもたらす明かりが観測条件を悪化させた。そのため移転用地として明治四十二年(1909)三月、三鷹に土地を購入した。図の本館は大正五年(1916年)に着工され、大正十年(1921)に竣工した。

この他に三鷹地区に当時建設された建物の図面があり、図の本館は現存していないものの、旧図書庫や守衛所等は今も残されており、登録有形文化財となっている。

ページの先頭へ