トップ

お問い合わせ | English

貴重資料展示室

季語・歳時(2012年4月1日〜翌年3月31日)

暦の日付は明治五年までは太陰太陽暦、明治六年からは太陽暦で設定されたが、日付以外にも二十四節気など季節を表す言葉も書き込まれ、実際の生活に用立てられてきた。それは現在も引き継がれ、身近なカレンダーの中に根付いている。

年中行事は頒暦では触れられないものが多いが、歳時記等で紹介されている。

(諸国圖會)年中行事大成

「(諸国圖會)年中行事大成」(五月)田植之圖 刊本6冊(番号:7003、マイクロなし)

・画像利用をご希望の場合は「画像のご利用・著作権について」をご覧ください。

「伊勢暦 天保十六年」(1845)1帖

伊勢暦 天保十六年

太陰太陽暦は月の満ち欠けをもとしており、年によって月日と季節にずれが生じるものだった。そのため、季節の目安となるように、二十四節気※が日付の間に記されている。

上の暦(頒暦)では、芒種から夏至の半ばまで、下段に「田うへよし」と幾度か記されている。夏至の途中には、七十二候※の「はんけしやう」の記述もある。

※ 二十四節気:一年を冬至から始めて24分割したもの

※ 七十二候:二十四節気をさらに3つに分けたもの

「七十二候」貞享三年(1686)刊本5冊

七十二候 七十二候

七十二候は中国で作られたものと、貞享暦の改暦に際し渋川春海が日本独自の言葉を当てはめたものがある。これ以降は田植をしてはいけないとされる「半夏生(はんげしょう)」等、同じ言葉が用いられていることもある。

具注暦(漢文の暦)には載っているが、頒暦(仮名暦)には「半夏生」のように農作に特に重要とされた情報を除き、基本的には記載されなかった。

図は、中国の七十二候の紹介。

「壬癸録(じんきろく)」谷秦山(じんざん) 写本4冊(番号:206、マイクロNo.46)

壬癸録

日本独自の暦注に、「八十八夜」と「二百十日」がある。

「八十八夜」と「二百十日」は明暦二年(1656)の伊勢暦から記載され、貞享暦改暦の際に除かれたものの、翌年からまた載せられるようになった。

「壬癸録」には、伊勢の船長が奉行所に訴えたことにより、民の便になるから復活させたと記されている。

「日本歳時記」貞享五年(1688) 貝原益軒刪補、貝原好古編録 刊本4冊(番号:7001、マイクロなし)

日本歳時記

季節ごとの風俗や行事、動植物、二十四節気をはじめとした季語について、「荊楚(けいそ)歳時記」(粱の宗懍撰。中国の歳時記)等多くの書を引用し、加えて益軒と好古の知見が記されている。

上は七夕についてその内容や由来を、「荊楚歳時記」の引用から始め、続いて「五雑組(ござっそ)」(明の謝肇淛(しゃちょうせい)著の随筆)から……という具合に紹介している。

下は中秋の月見の図。

日本歳時記

「群芳暦(ぐんぼうれき)」梅屋鞠塢(きくう)撰 刊本1冊

群芳暦 群芳暦

暦とあるが、実際はカレンダーではなく月ごとの草花、植物を記したものである。

右は七月で、七夕に供える「星祭七草」として、蓮、桔梗、小車、女郎花、菊、島薄(縞薄)、剪翁(せんのう 仙翁)が挙げられている。

左は八月で、「星祭七草」と間違えないようにと記されている「秋野七種」が挙げられている。

ページの先頭へ