トップ

お問い合わせ | English

貴重資料展示室

江戸時代の星図(1998年10月24日〜1999年4月7日)

日本で初めての暦法を作った渋川春海は、星図の作成でも先駆者であった。中国の星座に春海が観測した星も加えて、「天文分野之図」延宝5年(1677)を発表した。その後息子昔尹(ひさただ)の名で刊行されたのが「天文成象図」元禄12年(1699)である。日本の星図は長い間、春海の星図から大きくかわることはなかった。

星図の座標は赤道座標で28宿が用いられ、星座の形、名前は中国名である。その中で馴染み深い星の名に、北斗七星、すばる(昴)、織女等がある。

江戸後期、西洋天文学の導入と、定常的観測の継続により、より精密な星図が作られるようになるが、ここでは中国の星図の流れの中から展示した。

「天文図解」 井口常範著 刊本5巻5冊 元禄2年(1689)

天文図解・表紙 天文図解・本文

日本で初めて刊行された天文書といわれており、通俗的暦学の書であるが、巻頭に星図が掲載されている。

「天文星象図解」 長久保赤水著 刊本1冊 文政7年(1824)

序文の後に星座早見盤ともいうべき、円盤が北極を中心に回転するようになっている色刷りの星座図がある。

天文星象図解・表紙 天文星象図解・見返し 天文星象図解・見返し

「天文星象図」 長久保赤水 刊1鋪

天文星象図

「天文星象図解」とセットになっており、この「天文星象図」の理解のために「天文星象図解」が書かれたと考えられる。「天文星象図」は紙三枚を、別々に刷りあげた後に、継いで一枚としている。

この図は赤道座標、28宿で、星の位置をあらわしており、星座が赤、黄、黒で色分けされている。中国では石申、甘徳、巫咸三家の星座は色分けされて描かれた。また、渋川春海も「天文成象図」で中国本からの星座、自分の観測した星座と星の色を書き分けたのに倣っているのかもしれない。北極星、北斗七星、昴(すばる)などが赤で示されている。

ページの先頭へ