トップ

お問い合わせ | English

貴重資料展示室

彗星(2) (1994年8月2日〜11月1日)

1992年12月に見られたSwift-Tuttle彗星は、周期彗星で初回出現は1862年であり、近日点距離0.958、遠日点距離51.7、離心率0.964、軌道傾斜113.4(理科年表1994年版)である。

初回出現した時の江戸幕府天文方の観測記録が、「文久二年壬戌彗星測量簿」として残されている。観測地は、渋川家の私設天文台の九段坂測量所である。観測者名に天文方渋川六蔵、天文方手附海老原伝次郎、河野彦太郎、手伝稲川秀五郎、橋本陽之助の名がみえる。

文久二年七月二十七日から八月二十三日(グレゴリオ暦で1862年8月22日〜9月16日)の記録で、彗星が出現した直後の記録と考えられる。

展示した部分は、七月二十七日で彗星を観測した時間は、21時22.18分、位置は高度37度27分、方位は北西21度で、北極帝(βUMi)、北極太子(γUMi)の近くを通った事がわかる。尾の長さは記されていない。

もう一点残された記録に、富山新湊高樹会館所蔵の「文久二年彗星測量簿」がある。文久二年八月二日から四日間(1862年8月26日〜30日)の記録で、観測時間はおよそ22時頃、光芒長さ約2間斗とあり、約15度位の尾の長さになる。最も尾が長くなった時だろうか。8月4日の図では、北斗七星と彗星の位置の図がかかれている。観測場所は明示されていないが、「方位盤象限儀ヲ以テ測量」とあり、高樹文庫は、測量家の石黒信由の本が所蔵されており、富山で観測された可能性がある。

文久2年「彗星測量簿」 九段坂(測量所) 原本1冊

彗星測量簿・表紙 一彗星測量簿・丁表

文久2年「彗星測量簿」(財団法人高樹会所蔵)

彗星測量簿・表紙 彗星測量簿・一丁表

写真は1992年の時のSwift-Tuttle彗星である。(福島英雄氏撮影)

Swift-Tuttle彗星

ページの先頭へ