トップ

お問い合わせ | English

貴重資料展示室

彗星(1)(1994年4月10日〜8月2日)

1992年12月に見られたSwift-Tuttle彗星は、周期彗星で初回出現は1862年であり、近日点距離0.958、遠日点距離51.7、離心率0.964、軌道傾斜113.4(理科年表1994年版)である。

彗星は古くから、その姿の様々な様子から、彗・孛、旗雲、白気または客星と記録されている。しかし、彗星観測が行われるようになったのは、江戸後期、浅草天文台が出来た(天明2年(1782))後で、観測に用いられた測器は地平経儀、象限儀がある。

ここに展示したのは観測記録以外の彗星記録である。

「安政戊午仲秋聞書」の彗星は19世紀中の最も美しい彗星の一つとして有名なドナチ(Donati)彗星の事で、陰陽頭 土御門(安倍)晴雄が行なった 「勘申彗星出現之事」には 「右 酉刻以後見 西北光芒 東指長一丈余 」(酉の刻に西北の方向にぼうっと光って東の方をさして尾の長さは一丈余に見えた)とある。一尺が一度と言われているので、大きな彗星であったことがわかる。 また、この彗星に恐れおののいた様子もこの本の中で語られている。

「本朝天文志」の中で書かれている天和2年(1682)、宝暦9年(1759)の記録はハレー彗星に当る。この本は西村遠里(1726?-1787)が古くからの天文現象を編集したものである。

「錦絵」は明治15年(1882)の彗星を人々がどう感じたかを表わした絵である。この彗星は「9月の大彗星 1882 II」と呼ばれている彗星だろう。

「安政戊午仲秋聞書」写本1冊 安倍晴雄著

安政戊午仲秋聞書・表紙 安政戊午仲秋聞書・一丁表 安政戊午仲秋聞書・見返し 安政戊午仲秋聞書・本文 安政戊午仲秋聞書・本文 安政戊午仲秋聞書・本文

「本朝天文志」 写本2冊 西村遠里

本朝天文志・表紙 本朝天文志・本文

「明治十五年九月二十七日彗星錦絵」

明治十五年九月二十七日彗星錦絵

1882 II「9月の大彗星」

1882U「9月の大彗星」・表紙 1882U「9月の大彗星」・本文

ページの先頭へ