トップ

お問い合わせ | English

貴重資料展示室

江戸時代の天文台(1993年6月28日〜11月12日)

渋川春海は観測のために、元禄2年(1689)、本所二つ目の邸宅内に天文台を築いたが、低地にあったため、幕府に願いでて、駿河台の新宅に天文台を移した。

幕府は延享3年(1746)、宝暦暦改暦の際に神田佐久間町に天文台を置いたが、10年程で改暦が終ると撤去された。ついで明和2年(1765)宝暦の修正暦の時建てられたのが、現在の新宿区袋町の日本出版クラブのあるところで、暦が出来た後も存続したが、木立が茂り観測が出来ないということから、天明2年(1782)に浅草片町裏に移された。

この浅草天文台は葛飾北斎の富獄百景の一つ、「浅草鳥越の図」に描かれていて有名である。この浅草天文台で、西洋暦法を取り入れた「寛政暦法」が高橋至時(よしとき)らによって作られた。当時の地図には「頒暦所御用ヤシキ」と記されている。 その後、浅草天文台は幕府崩壊まで存続し、そこで使われていた機械類は開成学校(東京大学の前身)に引き継がれたという。

一方、「天保改暦」の主務者であった渋川景佑は、自邸内の天文台である小石川三百下で、改暦に伴う観測の一部を行っていた。天保13年に は渋川の専用の九段坂測量所を持ち、観測を行なった。「霊憲候簿」(れいけんこうぼ)99冊にその一端がうかがえる。ちなみに九段坂測量所があ った処は都営浅草線の九段下駅近くで向かい側の北の丸公園の濠際に蕃書調所の跡がある。

測量台の図「寛政暦書」 35巻35冊のうち、巻十九から

寛政暦書・測量台の図 寛政暦書・測量台の図

「富嶽百景」浅草鳥越の図(千葉市美術館所蔵)

浅草鳥越の図

浅草鳥越堀田原図

頒暦所御用ヤシキ

ページの先頭へ