トップ

お問い合わせ | English

貴重資料展示室

江戸時代の宇宙論(1992年12月5日−公開日〜1993年3月24日)

公開日の主テーマが「宇宙」だったので、江戸時代の代表的な宇宙観について呈示した。

古代中国の「准南子」(前漢の時代)には早くも宇宙生成論と考えられるものが書かれている。又、宇宙構造論として「蓋天論」、「渾天論」があった。日本では江戸時代に西洋天文学や宇宙観に関する思想が中国経由で輸入されたが、他に耶蘇会の活動と共にもたらされたり、長崎経由での蘭学を通して日本に入ってきたものもある。

「暦象新書」は、ジョーン・ケイル(John Keil)「Introductio ad Veram Physicam」等の蘭訳から志筑忠雄が和訳し、さらに自分の説を加えて著述した(寛政11年〜享和2年-1802)上・中・下編の七冊本で、写本が国立天文台に所蔵されている。この本の中で使われている言葉の「重力」、「求心力」、「遠心力」、「楕円」の言葉は現在でも使われており、コペルニクスの太陽系理論、重力による運動、楕円運動 他が著されている。「附録」にある「混沌分判図説」(こんとんぶんぱんずせつ)は宇宙の生成について解かれているが、是非はともかく日本人として科学的に考えられた「宇宙論」の最初であろう。

著者の志筑忠雄(しずきただお)−宝暦10年〜文化3年(1760-1806)は、後、中野氏、柳圃(りゅうほ)と号した。長崎出島の稽古通詞となったが、病身を理由に職を辞した。その後、蘭学の研究に没頭し、天文、地理、数学、物理等にくわしい。

一方、仏教界では古くから「須弥山」(しゅみせん)説があり、独自の宇宙観を持っていた。この「須弥山」説は世界の中心にそびえる須弥山があり、 太陽も月もそのまわりをめぐるという考え方である。特に「仏国暦象編」5巻をあらわした円通(1754ー1834)は仏教宇宙観擁護のため論陣をはった。

混沌分判図説「暦象新書 附録」 志筑忠雄

暦象新書・表紙 暦象新書・一丁表 暦象新書・見返し 暦象新書・本文 暦象新書・本文

須弥山の図「仏国暦象編」 刊本5巻5冊 文化7年序

須弥山の図・表紙

ページの先頭へ