トップ

お問い合わせ | English

貴重資料展示室

一般公開日展示(1991年11月13日公開日)

この時は説明文を付けなかった。1回以降の展示でも出てくる書物なので、今回も説明文をつけていない。第1回以降の説明文を参照いただきたい。

測量台の図「寛政暦書」 35巻35冊のうち、巻十九から

寛政暦書・測量台の図 寛政暦書・測量台の図

巻19から21まではこの天明2年(1782)から幕末まで使われた浅草天文台の図を初めとして、器機・フ図が描かれている。

黒点の図(部分)「暦象新書」4冊 志筑忠雄

黒点の図

長崎通詞であった志築忠雄が西洋天文学の知識から書いた書物。

太陽の図「宣明暦」 3冊

宣命暦・太陽の図

宣明暦は貞観4年(862)年から800年以上使われた暦法。 巻1から、太陽と月の朔弦望を表した図。この寛永21年の版本は多色刷りの貴重な和本である。

錦絵「明治二十歳八月十九日日食九分九厘餘」

錦絵

この年、日本の白河から新潟にかけ皆既日食が見られた。この図はおそらく東京での図であろう。文明開化後の人々の姿が描かれている。

ページの先頭へ