トップ

お問い合わせ | English

貴重資料展示室

国立天文台図書室では、江戸幕府天文方の所蔵していた和漢書を中心に、平山清次、早乙女清房、小川清彦、前山仁郎各氏からの寄贈も含めて、和漢書、暦本、洋書を3000冊ほど所蔵しています。

1991年11月の天文台一般公開日に、これらの貴重資料を広く知っていただくことを目的に初めて展示を行いました。以来、当時の暦計算室室長木下宙教授の提案により、和漢書の仕事に関わっていた伊藤節子を中心に、暦計算室の仕事として天文台ロビーに場所を設け、半年ごとに新たな展示を行ってきました。

現在は場所を天文台歴史館へと移し、図書室と暦計算室の共同企画として展示を行っています。

第0回展示へ, 第十回展示へ, 第二十回展示へ, 第三十回展示へ,  第四十回展示へ, 第五十回展示へ


※ 画像利用をご希望の場合は「画像のご利用・著作権について」をご覧ください。

※ 貴重書展示[PDF版]の閲覧にはアドビリーダーが必要です。なるべく最新のバージョンをお使いください。
Adobe Reader


第五十三回・渋川春海の業績-II

(2015年10月23日〜)[PDF版]
  • 「天文瓊統」 元禄十一年(1698) 渋川春海 写本6巻
  • 「春秋述暦」寛文九年(1669)安井算哲 松田順承 著 刊本1冊
  • 「長慶宣明暦算法」延宝四年(1676) 安藤有益(あります)著 刊本7巻
  • 「授時暦経俗解」明和五年(1768) 中根元圭 著 刊本1冊
  • 「貞享暦議」天和三年(1683) 保井春海 筆写本
  • 「貞享暦」元禄十一年(1698) 渋川春海 写本7巻7冊

第五十二回・明治以降昭和初期公文書

(2015年4月1日〜2016年3月31日) [PDF版]
  • 東京天文臺規則と歴史 「明治二十三年事務簿」明治二十三年(1890)
  • 明治三十四年本暦原稿調製ノ件「自明治三十三年四月至庶務書類」明治三十三年(1900)
  • 「緯度変化観測木村榮嘱託ニ付照会」明治二十七年(1894)
  • 石川県師範学校生徒参観ノ件 「明治二十三年事務簿」 明治二十三年(1890) 
  • 東京帝國大学理科大学東京天文臺本館新築圖「自大正三年度至大正九年度東京天文台改築図」

第五十一回・星図

(2014年10月24日〜翌年10月) [PDF版]
  • 「Observations on the Nebulae」 (1850刊)  The Earl of Rosse
  • 「Observations of Nebulae and Clusters of Stars Made with Six-Foot and Three-Foot Reflectors at Birr Castle 1848-1878」 (1880刊) The Earl of Rosse
  • 「Cordoba Photographs -Photographic Observation of Star-Clusters」(1897 刊) Benjamin Apthorp Gould
  • 「Observations of Nebulae and Clusters of Stars Made at Slough, with a Twenty-feet Reflector, between the years 1825 and 1833」 (1833 刊) John Frederick William Herschel
  • 「格子月進図」 年代不詳(1300年代) 写し 安部泰世

第五十回・市井の天候資料

(2014年4月1日〜翌年3月31日) [PDF版]
  • 「天時占候」寛延三年(1750) 箕輪藤次郎蕃昌 刊本5冊
  • 「民用晴雨便覧」明和四年(1767) 中西敬房 刊本2冊
  • 「懐中天文台」天保八年(1837) 1枚両面刷
  • 「晴雨考」 弘化二年(1846) 平井直之 刊本一冊
  • 「天文奇現象錦絵集」

第四十九回・月と暦

(2013年10月18日〜翌年10月) [PDF版]
  • 「宣明暦」寛永二十一年(1644) 吉田光由著 刊本3冊
  • 「崇禎暦書 暦引 図編」安政二年(1855) 高橋至時 句読、渋川景佑編 刊本3冊
  • 「太陽窮理了解説」寛政四年(1792) 本木良永訳 写本1冊(大正新写本)
  • 「星術本源 太陽窮理 新制了解 天地二球用法記 和解例言」寛政四年(1792) 本木良永訳 写本1冊(大正新写本)
  • 「天文捷径 平天儀図解」享和二年(1802) 岩橋善兵衛著 刊本1冊
  • 「安政七年 朏暦」安政六年(1859) 高橋淵黙 1枚刷

第四十八回・潮汐

(2013年4月1日〜翌年3月31日) [PDF版]
  • 「昆陽漫録」 宝暦十三年(1763) 青木昆陽 写本6冊
  • 「和蘭陀海鏡図解」安永十年(1781) 本木良永訳 写本1冊
  • 「航海金針」(19世紀) 刊本1冊
  • 「気海観瀾」文政十年(1827) 青地林宗 写本1冊
  • 「明治二十二 潮候時」1889年 渋川敬典(本算)、今泉忠道(副算) 写本2冊

第四十七回・渋川春海と「天地明察」−III

(2012年10月26日〜翌年10月) [PDF版]
  • 「古今交触考」 写本1冊(「日本書紀暦考」と合綴)
  • 「長慶宣明暦算法」延宝四年(1676) 安藤有益著 刊本7冊
  • 「暦家秘道私記」永正八年(1511) 加茂在富著 自筆本1冊
  • 「新蘆面命」 谷 秦山 写本1冊
  • 「天文成象」 元禄十二年(1699) 渋川昔尹 1巻

第四十六回・季語・歳時

(2012年4月1日〜翌年3月31日) [PDF版]
  • 「(諸国圖會)年中行事大成」 刊本6冊
  • 「伊勢暦 天保十六年」(1845) 1帖
  • 「七十二候」貞享三年(1686) 刊本5冊
  • 「壬癸録」 谷秦山 写本4冊
  • 「日本歳時記」 貞享五年(1688) 貝原益軒刪補、貝原好古編録 刊本4冊
  • 「群芳暦」 梅屋鞠塢撰 刊本1冊

第四十五回・明治時代の天文観測

(2011年10月21日〜翌年10月22日) [PDF版]
  • 「明治十六年 十月三十一日 太陽金環触の圖」
  • 「慶応四年子午線儀連測記」 慶応四年のちに明治元年(1868) 山路天文方
  • 子午線儀全圖「寛政暦書」 弘化元年(1844) 35巻35冊のうち巻19 より
  • 「明治五年壬申頒暦」 大学星学局、「明治六年太陽暦」 
  • 「金星過日」 ダビッド・モルレー 写本1冊
  • 「レプソルド子午儀観測野帳」 明治二十一年(1888)
  • 「レプソルド子午儀」 (1880) ドイツ ア・レプソルド・ウント・ゾーネ社製

第四十四回・暦と陰陽師

(2011年4月1日〜翌年3月31日) [PDF版]
  • 「安倍晴明物語天文巻」 刊本1冊
  • 「宝暦暦法新書」 宝暦四年(1754)安倍泰邦著 未製本
  • 「宝暦五年乙亥 気朔暦」 宝暦五年(1755) 安倍泰邦撰 刊本1冊
  • 「安政戊午仲秋聞書」 陰陽頭(安倍)晴雄著 写本1冊
  • 「暦道一條雑記」 写本1冊

第四十三回・渋川春海と「天地明察」−II

(2010年10月23日〜2011年3月31日) [PDF版]
  • 「天文分野之図」 延宝五年(1677) 保井春海
  • 「算法闕疑抄」 万治元年(1658) 磯村吉徳著 刊本2冊
  • 「授時発明」 関孝和著 写本1冊
  • 「天文瓊統」 元禄十一年(1698) 渋川春海著 写本8巻5冊

第四十二回・渋川春海と「天地明察」

(2010年4月17日〜10月22日)[PDF版]
  • 「貞享暦」 天和三年(1683) 保井春海著 写本7冊
  • 「宣明暦」 [吉田光由著] 寛永二十一年(1644) 刊本3冊
  • 「発微算法演段諺解」 建部賢弘著 貞享二年(1685)刊本4冊
  • 「日本長暦」 保井春海著 写本3冊
  • 「天経或問」 延宝三年(1675) 游子六著 西川正休訓点 刊本3冊

第四十一回・江戸時代の天文観測

(2009年10月24日〜4月16日)[PDF版]
  • 「寛政暦書」 弘化元年(1844) 35巻35冊
  • 「天文捷径 平天儀図解」  享和二年(1802) 岩橋善兵衛著 刊本1冊
  • 「望遠鏡観諸曜記」 橘春暉(南谿)著 写本1冊

第四十回・江戸時代の宇宙観

(2009年4月1日〜2009年10月23日)[PDF版]
  • 「天文図解」元禄元年(1688)自序 井口常範著 刊本5巻5冊
  • 「弁説南蛮運気書」 慶安三年(1650)序 沢野忠庵編述、向井玄升考 写本3冊
  • 「天経或問」 享保十五年(1730) 游子六著 西川正休訓点 刊本3冊
  • 「暦象考成 後編」 乾隆七年(1742)再訂 写本10巻10冊、巻3欠
  • 「太陽窮理了解説」 寛政四年(1792) 本木良永訳 写本1冊(大正新写本)
  • 「暦象新書」寛政十年(1798)自序 志筑忠雄 写本7冊
  • 「新巧暦書」 天保七年(1836) 渋川景佑、足立信頭 写本15巻15冊

第三十九回・略暦 人々の暮らしに使われたこよみ

(2008年10月25日〜2009年3月31日)[PDF版]
  • 橘南谿の「東遊記後編」に紹介された天明三年(1783)の田山暦
  • 「江戸暦」
  • 「文久四年秋田暦」 刊1 浅野数馬 文久三年出 (1863)「開板横手四日町柿崎屋四郎兵衛」禁門出 治三郎文庫(朱印)
  • 「盛岡暦」 明治二十六年(1893)
  • 「安政四年(1857) 月頭暦」刊1枚 [月頭弘所金沢南町川尻屋信太郎]他
  • 「朏暦」 安政七年(万延元年1860)

第三十八回・蔵書印にみる暦編纂の歴史 : 幕府天文方と国立天文台

(2008年3月23日〜2008年10月24日)[PDF版]
  • ラランデ暦書「Astronomia of Sterrekunde 」(1773-1780)
  • 「暦象考成 後編」巻九 写本
  • 「暦象考成 上編 国字解」篠原善富 文化13年(1816)自序
  • 「暦象考成 上編 巻四」と「明時館図書印」、「九段坂測量所」印
  • 「明題疏(みんだいそ)」
  • 「星学手簡」 高橋至時、間重富 他 渋川景佑編 写本3冊
  • (参考)測量台の図「寛政暦書」 19巻 天保15年(1844) 浅草天文台/頒暦所御用ヤシキ「浅草鳥越堀田原図」

第三十七回・測量機器と天文

(2007年10月27日〜2008年3月22日)[PDF版]
  • 「測量集成」 刊本11冊 豆本 福田理軒 著、安政二年(1855)
  • 「測量用具図(仮)」 写本1冊
  • 「図解量地指南」 刊本8冊、村井昌弘 著、前編 享保十七年(1732)、後編 宝暦四年(1754)
  • 「廻船用心記」 刊本1冊、吉村海洲 著、嘉永七年(1854)
  • 「量地圖説」 上・下 刊2冊、甲斐駒蔵 著、嘉永五年 (1852)

第三十六回・天文奇現象錦絵集

(2007年3月20日〜2007年10月26日)
  • 「明治二十歳八月十九日日食九分九厘餘」
  • 「百一年目の日蝕」
  • 「明治十六年(1883)十月三十一日 太陽金環触の圖」
  • 「ほうき星」(彗星)
  • 「彗星の圖」(ほうきぼしのづ)
  • 「世界穴さがし」

第三十五回・江戸時代の書物に見る銀河

(2006年10月28日〜2007年3月19日)[PDF版]
  • 「天経或問」 游子六著 西川正休訓点 刊本3冊
  • 「乾斉先生刪補天象図」 巻子刊1巻
  • 「星学図彙」 刊1冊
  • 「天経或問註解」(序巻、図巻上・下) 入江脩敬(平馬)著 寛延三年 刊3冊
  • 参考:壁面展示「天文星象図」 刊1舗

第三十四回・内田五観の世界 : 算學から天文まで

(2006年3月24日〜2006年10月27日)[PDF版]
  • 「新考太陽高孤捷法」、附録 写本1冊 内田弥太郎著
  • 「三角内容三斜術」 写本1冊 安島直円編
  • 「拝命の記」 写本1冊 明治4年
  • 「自長崎至暹羅航海路推算」 写本1冊 宇宙堂主人編
  • 「自長崎至暹羅航海路推算」 写本1冊 高橋卯之助編(参考)

第三十三回・幕末の西洋一般書に見える天文

(2005年10月15日〜2006年3月23日)[PDF版]
  • 「紅毛雑話」 刊本5巻5冊
  • 「気海観覧広義」 刊本15巻15冊
  • 「西洋雑記」 刊本4巻4冊 山村昌永訳編
  • 「気海観覧」 刊本1冊 青地林宗訳編

第三十二回・中国の星座 : 歩天歌を中心に

(2005年3月28日〜2005年10月14日)[PDF版]
  • 「新法歩天歌」 刊本1冊
  • 「歩天歌」 写本1冊 山路主住閲
  • 「星図歩天歌」 刊本1冊(折り本)
  • 「欽定儀象考成」 刊本31巻12冊 中国
  • 「赤道北恒星総図 刊1枚

第三十一回・高橋至時

(2004年10月23日〜2005年3月27日)[PDF版]
  • 「〔恒星世界の図〕について」(〔贈麻田翁〕「増修消長法」)
  • 「増修消長法」 稿本1冊 高橋至時著 寛政10年
  • 参考「An ORIGINAL THEORY or NEW HYPOTHESIS of the UNIVERS」 T. WRITE著 LONDON 1750 1冊
  • 「ラランデ暦書訳述」 間重富著 自筆本6冊
  • 「暦象考成 後編」 巻八、九 写本

第三十回・改暦の年の頒暦

(2004年3月22日〜2004年10月22日)[PDF版]
  • 「宝暦暦」 版・折暦1冊
  • 「修正宝暦暦(明和八辛卯暦)」 版・折暦1冊
  • 「寛政暦」 版・折暦1冊
  • 「天保暦」 版・折暦1冊
  • 「太陽暦」 版本1冊

第二十九回・江戸後期の天文暦

(2003年10月25日〜2004年3月21日)[PDF版]
  • 「諳厄利亜航海暦」 渋川景佑著 写本4冊
  • 「Nautical Almanac and Astronomical Ephemeris for the year 1828(英国暦 1828)」 刊本1冊
  • 「萬国普通暦 (安政四年)」 渋川景佑著 刊本1冊
  • 「Nautical Almanac and Astronomical Ephemeris for the year 1857 (英国暦 1857)」 刊本1冊
  • 「七曜暦 (宝暦十三年)」 山路弥左衛門著 写本1冊

第二十八回・関孝和と暦算

(2003年4月1日〜2003年10月24日)[PDF版]
  • 「天文大成三条図解(別題;授時発明)」 関孝和著 写本1冊
  • 「四余算法」 関孝和著 写本1冊
  • 「括要算法」 刊本4巻4冊
  • 「解伏題之法」 関孝和著 写本1冊
  • 「解陰題之法」 関孝和著 写本1冊

第二十七回・西洋天文学の導入

(2002年10月26日〜2003年3月31日)[PDF版]
  • 「惑星儀図解」 市野茂喬著 写本1冊 天保3年(1832)
  • 「西暦聞見録」 渋川景佑著 稿本1冊
  • 「西暦新編」 山路諧孝著 写10巻10冊 天保8年(1837)
  • 「新巧暦書」 渋川景佑著 写本15巻15冊 天保7年(1836)

第二十六回・谷秦山と渋川春海

(2002年4月01日〜2002年10月25日)[PDF版]
  • 「元禄十五年 七曜暦」 谷秦山著
  • 「新蘆面命」 谷秦山著 写本1冊
  • 「壬癸録」 谷秦山著 写本10巻4冊
  • 「秦山拾塵」 谷秦山著 自筆本2冊
  • 「天文瓊統」 渋川春海著 写本8巻5冊
  • 「正徳4年(1714)七曜暦」 谷秦山著

第二十五回・太陽

(2001年10月27日〜2002年3月31日)[PDF版]
  • 「談天」 侯失勒(ハーシェル)著 偉烈亜力(ワイリー)訳 刊本18巻3冊
  • 「星学図彙」 刊本1冊 早乙女文庫
  • 「星学須知」 渋川佑賢著

第二十四回・江戸時代の漂流記

(2001年3月26日〜2001年10月26日)[PDF版]
  • 「環海異聞」 編者・大槻玄沢
  • 「大日本土佐国漁師漂流記」 写本1冊
  • 「志州小平次外国江舟吹流ル由来記」 上藤正総写 写本1冊

第二十三回・宣明暦

(2000年11月11日〜2001年3月25日)[PDF版]
  • 「暦家秘道私記」:内題「宣明暦 注定付之事」 著者・賀茂在富
  • 「宣明暦」 著者・吉田光由 寛永21年(1644)
  • 「長慶宣明暦算法」 著者・安藤有益 延宝4年(1676)
  • 「宣明暦二十八宿吉日考入」 写本1冊 常楽院朱印

第二十二回・江戸時代の望遠鏡

(1999年11月27日〜2000年11月10日)
  • 「天文捷径 平天儀図解」 著者・岩橋善兵衛
  • 「望遠鏡観諸曜記」 著者・橘春暉(南谿)
  • 「和蘭天説」 著者・司馬江漢 寛政7年
  • 「方円星図」(部分) 著者・石坂常堅 文政9年自序

第二十一回・日食

(1999/4/7〜1999/11/27)
  • 「貞享暦」 著者・渋川春海
  • 「伊勢暦−明和4年暦(宝暦暦法)」
  • 「推日食地球上見食地方法」 著者・高橋至時

第二十回・江戸時代の星図

(1998/10/24〜1999/4/7)
  • 「天文図解」 井口常範著 元禄2年(1689)
  • 「天文星象図解」 長久保赤水著 文政7年(1824)
  • 「天文星象図」 長久保赤水

第十九回・測量と天文

(1998/5/6〜1998/10/24)
  • 「分度余術」 著者・松宮俊仍 享保13年自序
  • 「渡海標的」地球略図添之 石黒信由 天保4年自序

第十八回・測地

(1997/11/5〜1998/5/6)
  • 「大日本沿海実測録」 伊能忠敬著、高橋景保序 明治3年(1870)出版
  • 「地勢提要」 高橋景保著 文政7年(1824)自跋、頼移写
  • 「新刻日本輿地路程全図」 長久保赤水著 安永8年(1779)出版

第十七回・天保暦法とラランデ暦書

(1997/5/1〜1997/11/5)
  • 「天保暦法」
  • 「ラランデ暦書」 著者・Joseph Jerome Le Francais de Lalande

第十六回・江戸時代後期書物に見る「宇宙のはて」

(1996/10/19〜1997/4/30)
  • 「太陽窮理了解説」 著者・本木良永 寛政4年(1792)
  • 「寛政暦書」 著者・渋川景佑他
  • 「崇禎暦書暦引図編」 著者・渋川景佑 安政2年(1855)

第十五回・貞享暦と授時暦

(1996/2/28〜1996/10/19)
  • 「貞享暦」 著者・渋川春海
  • 「授時暦〔経〕図解」 著者・小泉光保 元禄12年(1699年)
  • 「改正 授時暦儀」 寛文12年(1672年)

第十四回・暦(3)江戸時代から現在まで−国立天文台の仕事から

(1995/11/1〜1996/2/28)
  • 「伊勢暦」 文化15年(1818年)の暦
  • 「本暦」 伊勢神宮出版 明治33年(1900年)

第十三回・暦(2)地方の暦

(1995/7/18〜1995/11/1)
  • 「三島暦」 伊豆、三島神社 発行 文化二年(1805年)の暦
  • 「南都暦」 奈良地方 天保十四年(1843年)の暦
  • 「会津暦」 会津地方 寛文三年(1663年)の暦

第十二回・暦(1)具注暦と仮名暦

(1995/3/9〜1995/7/18)
  • 「具注暦」 正中3年-1326推定年
  • 「仮名暦(ひらがな暦)」 万延2年(1861年)
  • 「仮名暦(カタカナ暦)」 慶長16年

第十一回・江戸時代の天文機器

(1994/11/12〜1995/3/9)
  • 「測量諸器図巻」 著者・不明
  • 「寛政暦書」 渋川景佑他 弘化元年(1844年)
  • 「杖突方位盤」 観測機器

第十回・彗星(2)

(1994/8/2〜1994/11/1)
  • 「文久二年壬戌彗星測量簿」 九段坂測量所 文久2年(1862年)
  • 「文久二年彗星測量簿」 (財団法人高樹会所蔵) 文久2年(1862年)
  • 「swift-tuttle彗星」 (福島英雄氏撮影)

第九回・彗星(1)

(1994/4/10〜1994/8/2)
  • 「安政戊午仲秋聞書」 著者・安倍晴雄
  • 「本朝天文志」 著者・西村遠里
  • 「明治十五年九月二十七日彗星錦絵」 明治15年(1882)の彗星 1882II「9月の大彗星」

第八回・江戸時代の星図

(1994/1/10〜1994/4/10)
  • 「天文星象図解」 著者・長久保赤水 文政7年(1824年)
  • 「改正 天文図説」 著者・尾田玄古
  • 「天文成象の図」 著者・渋川昔尹 元禄12年(1699年)

第七回・すばる

(1993/11/13〜1994/1/10)
  • 「分野星図」 高塚福昌 他(渋川景佑 序)

第六回・江戸時代の天文台

(1993/6/28〜1993/11/12)
  • 「寛政暦書」 19巻 測量台の図 天保15年(1844年) 浅草天文台
  • 「富嶽百景」浅草鳥越の図(千葉市美術館所蔵) 浅草天文台
  • 「浅草鳥越堀田原図」 頒暦所御用ヤシキ

第五回・渋川春海の業績

(1993/3/24〜1993/6/28)
  • 「貞享暦書」 著者・渋川春海
  • 「天文瓊統」 著者・渋川春海 元禄11年(1698年)

第四回・江戸時代の宇宙論

(1992/12/5〜1993/3/24)
  • 「暦象新書」 著者・志筑忠雄
  • 「仏国暦象編」 著者・円通 文化7年序(1810年)

第三回・長暦

(1992/6/26〜1992/12/4)
  • 「日本長暦」 著者・渋川春海 貞享2年序(1685年)
  • 「日本書紀暦考 著者・渋川春海

第二回・観測(江戸後期)

(1992/3/28〜1992/6/26)
  • 「寛政暦書」 渋川景佑 編 天保15年(1844年)
  • 「霊憲候簿」 小石川三百下、九段坂下天文台 天保9年(1838年)11月〜弘化3年(1846)12月

第一回・星学手簡

(1991/12/末〜1992/3/28)
  • 「星学手簡」 著者・高橋至時・間重富 他 渋川景佑編

一般公開日展示

(1991/11/16)

ページの先頭へ